コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベイロン・ラクロア Robert Veyron‐Lacroix

世界大百科事典 第2版の解説

ベイロン・ラクロア【Robert Veyron‐Lacroix】

1922‐91
フランスのハープシコード奏者。パリ音楽院でピアノ,ハープシコード,音楽理論を学び,1949年フランス国営放送でデビュー。その後独奏者,室内楽奏者として活躍,バロック音楽の再認識,再興に寄与した。堅実な中に現代感覚を盛り込んだ演奏様式,通奏低音の巧みなリアライゼーションに定評があり,フルート奏者ランパルJean‐Pierre Rampal(1922‐ )をはじめ優れた奏者をメンバーとしたパリ・バロック合奏団を組織し,60~70年代に各地で公演。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ベイロン・ラクロアの関連キーワードベイロン・ラクロワ

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android