コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベキンキナ岩 ベキンキナがんbekinkinite

岩石学辞典の解説

ベキンキナ岩

優黒質の顕晶質で,チタンオージャイトネフェリン,少量の長石が主な鉱物の岩石を指すが,用法が混乱している.Na-角閃石,黒雲母,アナルサイム,橄欖(かんらん)石が含まれることがある[Rosenbusch : 1907].後にラクロアファシン岩(fasinite)とし,さらに角閃石に富むファシン岩と再定義した[Lacroix : 1916, 1922].代表的な岩石はバーケヴィ閃石(65%),チタンオージャイト(12%),少量の角閃石,珪長質鉱物(16%)などで構成されている[Tomkeieff : 1983].マダガスカル,ベザヴォナ(Bezavona)山地のベキンキナ(Bekinkina)山に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android