コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベクシェー Växjö

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベクシェー
Växjö

スウェーデン南部,クルーヌベリ県県都。鉄道分岐点で商業の中心地。木工,製紙,機械工場などが集中し,製品としては家具,マッチなどが有名。中世には,スモーランド地方の交易中心地として栄え,11世紀建立とされる大聖堂が残っている。人口7万 67 (1992推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ベクシェーの関連キーワードパール ラーゲルクビストラーゲルクウィストクルーセンシェルナシェーベルイダッケの反乱テグネール

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android