コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベステルオーレン[諸島] Vesterålen

世界大百科事典 第2版の解説

ベステルオーレン[諸島]【Vesterålen】

ノルウェー北西岸,北緯69゜付近の島々で,氷食による尖峰(最高は1266m)の間に狭い海岸平地がある。2368km2の地域に約3万5000人が住み,おもにタラ漁業と農牧に従事する。島々は橋とフェリーで結ばれ,西岸連絡船は3ヵ所に寄港する。北部のアンデ島Andøyaには軍事空港があり,また海底含油層と同時代の中生層が断片的に分布する。1981年より北西の大陸棚石油探査が始まり,すでにいくつかのガス田が発見されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android