コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベズイミアニ[山] Bezymyannyi

1件 の用語解説(ベズイミアニ[山]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ベズイミアニ[山]【Bezymyannyi】

カムチャツカ半島東部のクリュチェフ火山群に属する火山。1956年の大噴火で山頂部が吹き飛ばされ,標高3085mであったものが2800mの高さとなった。安山岩質火山であり,1955年10月22日に有史以来初めて噴火活動に入った。噴火は長期間続き,56年3月30日に大噴火が起こり,山頂部が吹き飛ばされて馬蹄形になり,その新しい火口から溶岩円頂丘が出現した。20世紀の火山噴火のなかでも最大級の噴火の一つであり,放出された噴出物の総重量は6.7×109tと推定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベズイミアニ[山]の関連キーワードアリューシャン列島カムチャツカ半島千島火山帯千島カムチャツカ海溝Петропавловск-Камчатскийクリュチェフスカヤ山Паратункаカムチャツカ岩カムチャツカ火山群

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone