コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベズイミアニ[山] Bezymyannyi

世界大百科事典 第2版の解説

ベズイミアニ[山]【Bezymyannyi】

カムチャツカ半島東部のクリュチェフ火山群に属する火山。1956年の大噴火で山頂部が吹き飛ばされ,標高3085mであったものが2800mの高さとなった。安山岩質火山であり,1955年10月22日に有史以来初めて噴火活動に入った。噴火は長期間続き,56年3月30日に大噴火が起こり,山頂部が吹き飛ばされて馬蹄形になり,その新しい火口から溶岩円頂丘が出現した。20世紀の火山噴火のなかでも最大級の噴火の一つであり,放出された噴出物の総重量は6.7×109tと推定されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android