コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベゾブラーゾフ Bezobrazov, Aleksandr Mikhailovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベゾブラーゾフ
Bezobrazov, Aleksandr Mikhailovich

[生]1855
[没]?
ロシアの政治家。 1903年から皇帝の尚書。 1898年極東への進出を目的として「ベゾブラーゾフの徒党」をつくり,ニコライ2世の外交政策に大きな影響を与えた。反対派の S.Y.ウィッテを蔵相の職から退けることには成功したが,国内の革命的不満をそらす目的で極端な極東政策を推進,日露戦争を引起したが,敗戦に終ってからは勢力を失った。革命後亡命した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベゾブラーゾフ
べぞぶらーぞふ
Александр Михайлович Безобразов Aleksandr Mihaylovich Bezobrazov
(1855―1931)

ロシアの政治家。タンボフ県の貴族の子として生まれる。近衛(このえ)士官となり、のち退役して政界に乗り出した。ニコライ2世に認められ、1898~1904年「ベゾブラーゾフの徒党」を形成して、侵略的な極東政策を推進した。3年5月官房長官に任ぜられるや、日露の開戦に慎重な蔵相ウィッテや外相ラムズドルフを抑えて、南満州(現中国東北部)と朝鮮半島への侵略を主張し、日露戦争の原因の一つをつくった。[外川継男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ベゾブラーゾフの関連キーワードアレクサンドル ベゾブラーゾフアレクセーエフ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android