コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベックリーン Arnold Böcklin

大辞林 第三版の解説

ベックリーン【Arnold Böcklin】

1827~1901) スイス生まれの画家。ドイツ後期ロマン派を代表する。写実的な技法を使って象徴的な題材を描いた。代表作「死の島」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ベックリーンの関連キーワード[各個指定]芸能部門シカゴ・ホワイトソックスカニングカニング冬の旅カニングゴーブルブラックマーティンマクシモビッチ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone