ベッツィ パーマー(英語表記)Betsy Palmer

20世紀西洋人名事典の解説

ベッツィ パーマー
Betsy Palmer


1929.11.1 -
女優。
インディアナ州イースト・シカゴ生まれ。
インディアナ大学等で学ぶ。女優を志しブロードウェイにデビュー。「The Grand Prize」等の舞台に出演。1954年監督のジョン・フォードに認められ「長い灰色の線」で映画デビュー。’55年同監督の「ミスタア・ロバーツ」にも出演。’57年「胸に輝く銀の星」では母親役を好演。後に一線を引退したが’80年ホラー映画「13日の金曜日」でカムバック。他の作品に「The Story of Lynn Stuart」(’58年)、「13日の金曜日PART2」(’81年)等。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android