ベッリーニ(Vincenzo Bellini)(読み)べっりーに(英語表記)Vincenzo Bellini

  • 1801―1835

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イタリアの作曲家。カターニアの音楽家の家系に生まれ、早くから作曲を試みる。1819年ナポリ音楽院に入学、メルカダンテ、ドニゼッティと知り合う。25年に同音楽院を卒業、彼の才能を認めたナポリのサン・カルロ歌劇場総監督バルバイーアの依頼でオペラ『ビアンカとジェルナンド』を作曲、26年同歌劇場で初演し大成功を収めた。イタリア各地の歌劇場を支配下に置いていたバルバイーアは、ミラノのスカラ座のための作曲を依頼、ベッリーニは翌27年『海賊』を発表、ふたたび成功を手にした。これはF・ロマーニの台本による最初の作品で、以後彼はほとんどのオペラをロマーニの台本により作曲する。このころテノール歌手ルビーニを知り、ベルカント唱法についての深い知識をもつようにもなった。ついでシェークスピアの『ロミオとジュリエット』に基づく『カプレーティ家とモンテッキ家(キャプレット家とモンタギュー家)』(1830初演)などを発表し、名声を高めたが、30年病に倒れ、コモ湖畔で一時静養。31年『夢遊病の女』と『ノルマ』を発表、ベルカント唱法の粋を極めたアリア、管弦楽の効果的な使用により、19世紀のプリマドンナを中心にしたベルカント・オペラの典型を築き上げた。この二作上演のためにロンドン、ついでパリに移り、35年パリで彼の最後のオペラ『清教徒』を初演、絶賛を博した。この成功に対し、フランス政府から同年レジオン・ドヌール勲章が授けられたが、病が再発、パリで没した。

 彼の作品は、ベルカント唱法を基礎にした磨き上げられた旋律美に最大の特徴がある。甘美であると同時に表情豊かで叙情性に満ちた彼の旋律は、ショパンをはじめ同時代の音楽家に強い影響を与えた。彼のオペラは、ドニゼッティとともに、ベルカント・オペラを代表するものである。アリエッタとよばれる独唱曲も旋律美にあふれ、声楽学習者などに広く親しまれている。

[美山良夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android