コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベッロール Vellore

世界大百科事典 第2版の解説

ベッロール【Vellore】

インド南東部,タミル・ナードゥ州北端部の商業都市。人口17万5000(1991)。東ガーツ山脈に属するジャバーディ丘陵を横断してパーラール川が海岸平野に出る谷口部に位置し,マドラスとデカン高原上のバンガロールとを結ぶ交通路上の要地を占める。山地部からの白檀,タン皮(皮なめし用樹皮)など,また東の平野部からの米,ラッカセイサトウキビ,綿花を集散する。濠に囲まれた14世紀のビジャヤナガル王国期の城塞があり,その内部のシバ寺院はドラビダ様式の典型例として著名。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android