コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベトナムのコーヒー

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ベトナムのコーヒー

フランス統治時代の19世紀に栽培が始まった。仏語と同様、カフェと呼ぶ。1980年代から輸出し始め、安価な労働力を背景に成長し、2000年に世界第2位の輸出国となった。インスタントの原料になる安価なロブスタ種が主流。ローストした豆を粗くひき、アルミ製のフィルターに入れて湯を注ぎ、10分ほど待って飲む。

(2013-03-28 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベトナムのコーヒーの関連情報