コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベトナムのコーヒー

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ベトナムのコーヒー

フランス統治時代の19世紀に栽培が始まった。仏語と同様、カフェと呼ぶ。1980年代から輸出し始め、安価な労働力を背景に成長し、2000年に世界第2位の輸出国となった。インスタントの原料になる安価なロブスタ種が主流。ローストした豆を粗くひき、アルミ製のフィルターに入れて湯を注ぎ、10分ほど待って飲む。

(2013-03-28 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android