ベトパク・ダラ(英語表記)Betpak‐dala

世界大百科事典 第2版の解説

ベトパク・ダラ【Betpak‐dala】

中央アジア,カザフスタン共和国中央南部の草原。カザフ語で〈恥知らずの平原〉の意。ロシア語では〈ゴロドナヤ・ステップGolodnaya step’(飢餓のステップ)〉と呼ぶ。ウズベキスタン共和国にも同じ名称の地域があり,これと区別するときには〈北のゴロドナヤ・ステップSevernaya Golodnaya step’〉と呼ぶ。東はバルハシ湖とカザフ台地,西はサリスーの末無川で境される。面積約7万5000km2。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android