ベニカワムキ(英語表記)Triacanthodes anomalus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベニカワムキ
Triacanthodes anomalus

フグ目ベニカワムキ科。体長 10cmになる。体はやや長く側扁し,体高は体長のおよそ半分。口は小さい。背鰭棘はよく発達し,腹鰭棘も太くて長い。鱗には数個の微小なとげがある。体の背方は淡紅色で,腹部淡色体側には2本の黄色縦帯が走る。日本では駿河湾以南,このほか,朝鮮半島からホンコンまでのアジア大陸の沿岸部に分布する。食用になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android