コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニガオザル(紅顔猿) ベニガオザルMacaca arctoides(=M.speciosa)

1件 の用語解説(ベニガオザル(紅顔猿)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ベニガオザル【ベニガオザル(紅顔猿) Macaca arctoides(=M.speciosa)】

赤い顔にあばた状の斑をもつ醜い霊長目オナガザル科旧世界ザルイラスト)。英名は尾が切株のように短いところからstump‐tailed monkey。中国南部からインドシナ半島ミャンマーアッサム地方に広く分布する。ずんぐりした体つきで,体毛は茶褐色ないし灰褐色。肩の毛がよく発達している。顔は発情時や興奮時にはより赤みを増し,寒いときには青みを帯びる。体格はニホンザルよりやや小さい程度。赤ん坊の顔は青白くて全身白色ないし淡黄色の毛に覆われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone