コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニガオザル(紅顔猿) ベニガオザル Macaca arctoides(=M.speciosa)

1件 の用語解説(ベニガオザル(紅顔猿)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ベニガオザル【ベニガオザル(紅顔猿) Macaca arctoides(=M.speciosa)】

赤い顔にあばた状の斑をもつ醜い霊長目オナガザル科旧世界ザルイラスト)。英名は尾が切株のように短いところからstump‐tailed monkey。中国南部からインドシナ半島ミャンマーアッサム地方に広く分布する。ずんぐりした体つきで,体毛は茶褐色ないし灰褐色。肩の毛がよく発達している。顔は発情時や興奮時にはより赤みを増し,寒いときには青みを帯びる。体格はニホンザルよりやや小さい程度。赤ん坊の顔は青白くて全身白色ないし淡黄色の毛に覆われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベニガオザル(紅顔猿)の関連キーワード霊長目痘痕痘痕も靨薄痘痕尾長猿バタ臭い山鶉ココアバターココアバター代替物あばたできもの構造

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone