コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニコウジカビ(紅麹黴) ベニコウジカビMonascus purpureus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベニコウジカビ(紅麹黴)
ベニコウジカビ
Monascus purpureus

子嚢菌類コウジカビ目ベニコウジカビ科。炭水化物の糖化力が強く,コウジカビと同様に酒の醸造の際,穀類の炭水化物を糖化させるのに用いられている。中国東北,韓国などの紅色の麹子 (麹) ,台湾の紅酒 (あんちゅう) の原料紅か (あんか) から分離されている。またこの菌は鮮紅色の色素を生じるので中国広東省地方で紅糟 (あんちゅう) と称する染料物質をつくり,食品ことに肉類の着色のために輸出していたが,これからも分離できた。菌糸は初め白いが,次第に鮮紅色となるのが著しい特徴である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android