コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニシタバ(紅下翅) ベニシタバ Catocala electa

1件 の用語解説(ベニシタバ(紅下翅)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ベニシタバ【ベニシタバ(紅下翅) Catocala electa】

鱗翅目ヤガ科の昆虫。後翅は明るい桃色,前翅は灰色の樹皮状で,静止するときには後翅をその下に隠す。開張約7cm。ユーラシア温帯に産し,日本では本土にまれでない。幼虫はヤナギにつき,夏に羽化,卵で越冬する。後翅の赤いベニシタバ類は,日本に3種分布しており,本種に似たエゾベニシタバC.nuptaが主として本州中部以北に生息しており,幼虫はドロノキやポプラにつく。オニベニシタバC.dulaでは後翅は朱色に近く,ミズナラクヌギカシワなどにつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベニシタバ(紅下翅)の関連キーワード鱗翅類大巴旦蝙蝠蛾毒蛾虎蛾夜蛾甘藍夜蛾灯蛾巴蛾紅下翅

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone