コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニシタバ(紅下翅) ベニシタバCatocala electa

世界大百科事典 第2版の解説

ベニシタバ【ベニシタバ(紅下翅) Catocala electa】

鱗翅目ヤガ科の昆虫。後翅は明るい桃色,前翅は灰色の樹皮状で,静止するときには後翅をその下に隠す。開張約7cm。ユーラシア温帯に産し,日本では本土にまれでない。幼虫はヤナギにつき,夏に羽化,卵で越冬する。後翅の赤いベニシタバ類は,日本に3種分布しており,本種に似たエゾベニシタバC.nuptaが主として本州中部以北に生息しており,幼虫はドロノキやポプラにつく。オニベニシタバC.dulaでは後翅は朱色に近く,ミズナラ,クヌギ,カシワなどにつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベニシタバ(紅下翅)の関連キーワードドロノキ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android