コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニスズメ(紅雀)(読み)ベニスズメ(英語表記)Deileptenia elpenor

世界大百科事典 第2版の解説

ベニスズメ【ベニスズメ(紅雀) Deileptenia elpenor】

鱗翅目スズメガ科の昆虫。翅の開張6cm内外のガで,体翅とも美しい紅色。前翅は褐色を帯び,後翅基部に近い半分は黒色。腹部の背面は褐色だが,背面の中央を細い紅色帯が走り,基部の側面は黒色。ヨーロッパからシベリア,中国を経て日本全国に分布する。夏に出現してよく灯火に飛来するが,昼間花みつを求めて花を訪れるのもよく見られる。幼虫は体長8cm。体色には変異があって,褐色型と緑色型とに分けられる。いずれも細かな黒線を散布し,各節の両側に黒紋を連ね,第1と第2腹節に周囲の黒い眼状紋がある。

ベニスズメ【ベニスズメ(紅雀) red avadavat】

スズメ目カエデチョウ科の鳥(イラスト)。全長約10cm。スズメより小さく,雌雄異色。雄の生殖羽は全身紅赤色で白小斑が点在し,翼と尾は黒い。非生殖羽赤みが少なくなり赤褐色。雌は背面黄褐色で,腰が赤い。くちばしは雌雄とも赤い。インドからタイを経てバリ島まで不連続に分布している。湿地水路べりのヨシ原,草地やぶ地にすみ,種子を食べる。一夫一妻で繁殖し,水べりのとげのあるやぶの中に側方に短いチューブのついた入口がある球形の巣をつくる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報