コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニドウダン(紅満天星) ベニドウダンEnkianthus cernuus var. rubens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベニドウダン(紅満天星)
ベニドウダン
Enkianthus cernuus var. rubens

ツツジ科の落葉低木。西日本に分布し,幹は高さ 2mぐらいになり,若枝は稜があって角張り,のちに丸くなる。よく分枝し枝先に葉が輪状に集る。葉は長さ2~5cmの倒卵形基部楔形上面短毛をまばらに生じる。5~6月頃,枝先から3~4cmの総状花序を下垂し,紅色鐘形の花を数個開く。花冠の縁は細かく裂ける。 蒴果は下垂した果穂に上向きにつく。白花の品種をシロドウダンといい,特に四国,九州に多いという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ベニドウダン(紅満天星)の関連キーワードツツジ科

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android