コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニナギナタタケ(紅長刀茸) ベニナギナタタケClavulinopsis miyabeana

1件 の用語解説(ベニナギナタタケ(紅長刀茸)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベニナギナタタケ(紅長刀茸)
ベニナギナタタケ
Clavulinopsis miyabeana

担子菌類ヒダナシタケ目ホウキタケ科。林地の腐植土上に束になって生える。初め表面はなめらかで長紡錘形,のちにやや平らになり,少し曲ってなぎなた状になる。表面には縦皺を生じる。高さ5~14cm,幅3~10mmで赤桃色または緋色。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone