コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニナギナタタケ(紅長刀茸) ベニナギナタタケClavulinopsis miyabeana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベニナギナタタケ(紅長刀茸)
ベニナギナタタケ
Clavulinopsis miyabeana

担子菌類ヒダナシタケ目ホウキタケ科。林地の腐植土上に束になって生える。初め表面はなめらかで長紡錘形,のちにやや平らになり,少し曲ってなぎなた状になる。表面には縦皺を生じる。高さ5~14cm,幅3~10mmで赤桃色または緋色。胞子紋は白色。食べられる。北海道,本州に産する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android