コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニマンサク(紅満作) ベニマンサクDisanthus cercidifolius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベニマンサク(紅満作)
ベニマンサク
Disanthus cercidifolius

マンサク科の落葉低木。別名マルバノキ。中部以西の本州と,四国の山地にまれに自生し,高さ1~3mになる。葉は互生し,長い柄があり径 10cm前後の広心臓形全縁で質はやや厚い。秋に美しく紅葉する。晩秋の頃,葉腋に短い柄を出し,その先に背中合せに接着した2個の花をつける。特異な臭気がある。5個の花弁は細長く先端は糸状に伸びて暗紅色星形に開出する。 蒴果は翌年の花の時期と同時に熟し,4つに裂け,黒色光沢のある種子を出す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ベニマンサク(紅満作)の関連キーワードマンサク科大野

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android