コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニ・スエフ Beni Suef

1件 の用語解説(ベニ・スエフの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ベニ・スエフ【Beni Suef】

エジプト中部の都市で同名県の県都。人口17万9000(1992)。アラビア語ではバニー・スワイフBanī Suwayf。古代エジプト時代の記録は残されていないが,コプト時代にはタコナ,あるいはダクナーシュと呼ばれていた。穀倉地帯ファイユームに近いので19世紀のムハンマド・アリー朝の時代になると,農産物の輸送中継地としての機能が発揮されるようになった。現在もナイル川を利用した河川交通,商業の中心都市の一つとしてにぎわっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベニ・スエフの関連キーワードエジプト暦カイロカディス出エジプト記エジプト鼠エジプト綿エジプトはナイルの賜エジプト土稲子古代エジプト語エジプト風

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベニ・スエフの関連情報