コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニ・スエフ Beni Suef

世界大百科事典 第2版の解説

ベニ・スエフ【Beni Suef】

エジプト中部の都市で同名県の県都。人口17万9000(1992)。アラビア語ではバニー・スワイフBanī Suwayf。古代エジプト時代の記録は残されていないが,コプト時代にはタコナ,あるいはダクナーシュと呼ばれていた。穀倉地帯ファイユームに近いので19世紀のムハンマド・アリー朝の時代になると,農産物の輸送中継地としての機能が発揮されるようになった。現在もナイル川を利用した河川交通,商業の中心都市の一つとしてにぎわっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ベニ・スエフの関連キーワードベニ・スエフ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android