コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベネット骨折 ベネットこっせつBennett's fracture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベネット骨折
ベネットこっせつ
Bennett's fracture

母指の中手手根関節部の脱臼骨折で,1882年に E. H.ベネットが報告した。母指の長軸方向に対する外力で生じるといわれ,突き指,けんか,ボクシングなどの際によく起る。治療にはギプス包帯による固定や,手術による整復固定が行われる。整復位での固定はむずかしく,再脱臼を起して変形や運動時の疼痛の原因となったり,母指のつまみ動作ができなくなったりすることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ベネット骨折の関連キーワード単元株制度恵帝[前漢]国際労働機関民事再生法フッ素(データノート)ストロムロ山天文台生物多様性条約陵墓安心・安全ビジネス松岡修造

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android