コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベネディクツス10世 ベネディクツスじっせいBenedictus X

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベネディクツス10世
ベネディクツスじっせい
Benedictus X

[生]?
[没]1073以降. サンタニェーゼ
教皇ニコラウス2世在位 1059~61)の対立教皇(在位 1058~59)。本名 Giovanni Mincio。ローマ近郊のベレットリの司教だったが,教皇ステファヌス9世(10世。在位 1057~58)の死後,ローマの有力貴族ツスクルム家に支持され教皇座についた。しかしまもなく,のちに教皇グレゴリウス7世(在位 1073~85)となる改革派の司祭ヒルデブラントとドイツの裁判所により教皇座から追放され,サンタニェーゼの修道院に幽閉された。ベネディクツス10世の追放後,不法な教皇選挙を避けるため,教皇選挙に関する法改正が行なわれた。1059年に新法が施行されて教皇選出の組織が規定され,これがのちに枢機卿団(→カーディナル)となり,教皇を選ぶという唯一の責任を負うこととなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ベネディクツス10世の関連キーワード後三条天皇グレゴリウス7世クレメンス3世無貯蓄貯蓄ゼロGregorius周敦頤成尋阿闍梨母集白河天皇世界遺産

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android