コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベネディクツス5世 ベネディクツスごせいBenedictus V

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベネディクツス5世
ベネディクツスごせい
Benedictus V

[生]?
[没]966.7.4. ハンブルク
第132代教皇(在位 964.5.~6.)。対立教皇とみなされる場合がある。文法学者ベネディクツス Benedictus Grammaticusとも呼ばれる。教皇ヨハネス12世(在位 955~964)の死後,ローマ市民により教皇に選出された。しかし神聖ローマ皇帝オットー1世(在位 962~973)は,すでにレオ8世(在位 963~965)を教皇に擁立していたため,ベネディクツス5世の登位に激しく反発した。オットー1世はローマへ進軍して教会会議を招集し,ベネディクツス5世は廃位され助祭へ降格された。のちにハンブルクへ追放されたが,そこで神聖な人物として名声を得た。ベネディクツス5世とレオ8世のいずれかを対立教皇とみなす説がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android