コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベネディクツス9世 ベネディクツスきゅうせいBenedictus IX

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベネディクツス9世
ベネディクツスきゅうせい
Benedictus IX

[生]?
[没]1055/1056
教皇 (在位 1032~44,45,47~48) 。本名 Theophylactus。イタリアのトゥスクルム伯家出身。暴力的で不品行のゆえにローマ人に追放され,1045年1月シルウェステル3世が登位したが,まもなくベネディクツスの兄弟たちに追われた。復位したベネディクツスは教皇位をまじめなグレゴリウス6世に売却。 46年皇帝ハインリヒ3世はスートリ教会会議でクレメンス2世を選出し,その死後ベネディクツスは三たび位についたが,48年7月トスカナ侯により追放された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ベネディクツス9世の関連キーワードダマスス2世

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android