ベネディクト[アニヤンの](英語表記)Benedikt von Aniane

  • アニヤンの
  • ベネディクト

世界大百科事典 第2版の解説

750ころ‐821
フランク王国におけるベネディクト会修道制の組織者,聖人。本名はウィティツァWitiza。西ゴートの貴族家門に生まれ,フランク宮廷を経て774年聖界に入る。南フランスのアニヤンに改革修道院を創建(779)して以来,フランク修道界へのベネディクトゥス会則の導入に努め,またルートウィヒ1世の教会改革を補佐して,816年と817年の教会会議を通じ教会と国家の根本的な改革を志した。【日置 雅子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のベネディクト[アニヤンの]の言及

【ベネディクト会】より

…ヌルシアのベネディクトゥスがモンテ・カッシノで創始した共住制修道会,および彼の妹スコラスティカScholasticaを中心として結成された女子修道会。広義には540年ころからベネディクトゥスが執筆した〈会則〉を採用するすべての修道会の総称。…

※「ベネディクト[アニヤンの]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android