ベネディクトゥス(8世紀の聖人)(読み)べねでぃくとぅす(英語表記)Benedictus

  • 750ころ―821
  • 8世紀の聖人

翻訳|Benedictus

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベネディクト会修道制の組織者、聖人。フランク国王ピピン3世の宮廷で養育され、773年ディジョン近くのサンセーヌで修道士となる。779年南フランスのアニャーヌAnianeに修道院を創立して院長となり、カール大帝とルートウィヒ1世の援助下にベネディクト会則に基づく修道院改革を推進。アーヘン教会会議(817)で修道規定を起草し、フランク帝国内の全修道院長の集会で司会した。古来の修道院規定に通じ、『会則』の普及と修道院の改革に努めた。

[朝倉文市]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android