コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベネディクトゥス[12世] Benedictus XII

世界大百科事典 第2版の解説

ベネディクトゥス[12世]【Benedictus XII】

?‐1342
ローマ教皇。在位1334‐42年。南フランス,ラングドック地方の貧しい家に生まれ,青年時代シトー派修道院ブルボンヌに入り,後フォンフロアド修道院に移る。パリで神学を学び,1311年修道院長,17年パミエの,26年ミルポアの司教を務め,27年枢機卿,34年第3代のアビニョン教皇となる。教会,修道院の改革に努め,学問を奨励し,その政策は後のトリエント公会議に多く採用されたが,政治的には妥協的で成果が少なかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベネディクトゥス[12世]の関連キーワードアビニョン教皇庁大館氏明土岐頼遠日像土岐頼遠康永興国クレメンス6世高幡不動小笠原貞宗

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android