ベネディクトゥス[12世](英語表記)Benedictus XII

世界大百科事典 第2版の解説

ベネディクトゥス[12世]【Benedictus XII】

?‐1342
ローマ教皇。在位1334‐42年。南フランス,ラングドック地方の貧しい家に生まれ,青年時代シトー派修道院ブルボンヌに入り,後フォンフロアド修道院に移る。パリで神学を学び,1311年修道院長,17年パミエの,26年ミルポアの司教を務め,27年枢機卿,34年第3代のアビニョン教皇となる。教会,修道院の改革に努め,学問を奨励し,その政策は後のトリエント公会議に多く採用されたが,政治的には妥協的で成果が少なかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android