ベビーテック(読み)べびーてっく(英語表記)Baby Tech

知恵蔵miniの解説

ベビーテック

妊娠、出産、子育てを支援するIoTデバイスやアプリケーションウェブサービスなどの総称。「赤ちゃん(Baby)」と「技術(Technology)」を組み合わせた造語で、2016年に米ラスベガスで開催された国際家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」にて初めて用いられた。以来、欧米ではベンチャー企業を中心に様々な製品やサービスの実用化が進んでおり、日本でも18年頃から関心が高まりつつある。

(2018-6-12)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android