コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベラウンデ・テリー Fernando Belaúnde Terry

1件 の用語解説(ベラウンデ・テリーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ベラウンデ・テリー【Fernando Belaúnde Terry】

1912‐2002
ペルーの建築家,大統領(1963‐68,80‐85)。アレキパに基盤をもつ知識人家系の出身。人民行動党(AP)党首。〈ペルー人によるペルーの征服〉をスローガンとして,1956年大統領選に出馬,63年からの第1次政権では,農地改革をはじめ民族主義的諸改革と近代化を図ったが,議会の反対でしだいに後退をみせ,68年10月,軍のクーデタで国外追放される。しかし80年,民政復帰にともない大統領に返り咲いた。【遅野井 茂雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のベラウンデ・テリーの言及

【ペルー】より

…しかし経済困難,支持層の分裂などが75年のクーデタを誘発し,この改革は挫折した。85年にベラウンデ・テリー政権を継いだアラン・ガルシア政権は,前政権の自由開放政策から保護主義政策への転換を図り,債務問題をめぐってIMFと対立する一方,インフレ,財政赤字に苦しみ,また汚職事件を起こすなど,経済的・政治的に破綻して,90年のフジモリ政権の成立を招いた。フジモリ政権は緊縮調整政策と民営化や関税引下げなど,いわゆる新自由主義政策を実施してインフレを終息させ,94年には13%の経済成長を達成した。…

※「ベラウンデ・テリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベラウンデ・テリーの関連キーワード大統領府フジモリヌーベルバルガスリョサCEAヘンリーAウォーレスオーバルルームPSAC大統領と首相ヤマサキ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone