コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベリコ・タルノボ Veliko Tǎrnovo

世界大百科事典 第2版の解説

ベリコ・タルノボ【Veliko Tǎrnovo】

ブルガリア北部,ヤントラYantra川上流の河岸にある都市。同名県の県都。人口10万(1990)。1965年までタルノボTǎrnovoと呼ばれた。ソフィアの東方240kmに位置し,ソフィアに遷都されるまでのブルガリアの首都であった。黒土41%という肥沃な地帯の農業中心で,食肉加工,製糖,缶詰,蜂蜜,バター,牛乳加工,ブドウ酒製造などの食品工業(市の工業生産の約60%)が盛んである。工業生産は1861年イタリア人によって織物工場が建てられたのに始まるが,今では農業機械,建設機械などの機械製作,金属加工,木材加工,製紙,化学および合成ゴム,繊維などの諸工業がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のベリコ・タルノボの言及

【ブルガリア】より

…ビザンティン帝国は北のノルマン人と北西のハンガリー人の侵攻に対する対応に追われていたので,国内での権威はゆるんでいた。そこで,タルノボ(現ベリコ・タルノボ)一帯を掌握していたクマン系のブルガリア人貴族ペータルPetâr(?‐1197)とアセンAsen(?‐1196)の兄弟が蜂起を宣言し(アセン兄弟の蜂起),ペータルはブルガリア皇帝(ツァール)に推戴された。蜂起軍はブラフ人〈アルーマニア人〉の項目参照)やクマン人の協力も得,バルカン山脈を越えてトラキアに侵入した。…

※「ベリコ・タルノボ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベリコ・タルノボの関連キーワードベリコ・タルノボ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android