コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベリックアポントウィード Berwick-upon-Tweed

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベリックアポントウィード
Berwick-upon-Tweed

イギリスイングランド北部,ノーサンバーランド北端の町。北海に注ぐトウィード川の河口にある港湾都市で,トウィード川がスコットランドとイングランドの境界になった 12世紀以降,13回にわたって帰属を変えたが,1482年イングランド領となった。国境の町であったことから城壁は堅固につくられ,今日も保存されている。港からはおもに穀物を輸移出し,石油と木材を輸移入するが,港湾としての重要性は低下し,おもにトウィード川下流域の肥沃な農業地帯の中心地となっている。小規模な造船,機械,製材,建具,肥料,メリヤスなどの工場があり,トウィード川のサケ漁は有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ベリックアポントウィードの関連キーワードスチーブンソン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android