コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベリッシモ ベリッシモ Veríssimo, Érico

2件 の用語解説(ベリッシモの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベリッシモ
ベリッシモ
Veríssimo, Érico

[生]1905.12.17. リオグランデドスル,クルスアルタ
[没]1975.11.28. ポルトアレグレ
ブラジルの小説家。少年時代イプセンシェークスピアマシャド・デ・アシスらの作品を耽読し,『クラリッサ』 Clarissa (1933) ののち,1935年に『交差した道』 Caminhos Cruzadosでグラッサ・アラニャ賞を,『遠くの音楽』 Música ao Longeでマシャド・デ・アシス賞を受賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベリッシモ
べりっしも
rico Verssimo
(1905―1975)

ブラジルの小説家。ハクスリーやモームの影響を受ける。『野の百合(ゆり)を見よ』(1938)など初期作品は大都会の道徳的、精神的危機を日常のできごとを通じて追求する。次の大作『時と風』五巻(1949~62)は故郷リオ・グランデ・ド・スール州の社会形成を叙事詩的スケールで描く。『アンタレスの出来事』(1971)など晩年の作のテーマは国際政治にまで広がり、イデオロギーの色彩を帯びるが、作家としていっそう円熟の腕をみせている。[高橋都彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベリッシモの関連キーワードリオグランデリオグランデ川ビブリオグラフィーコリオグラフィーリオグランジドノルチリオグランデドスルリオグランデドノルテコリオグラファー尾倉リオグランデ・シトリン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベリッシモの関連情報