ベリル ブッカー(英語表記)Beryl Booker

20世紀西洋人名事典の解説

ベリル ブッカー
Beryl Booker


1922.6.7 - 1978.9.30
演奏家
ペンシルバニア州フィラデルフィア生まれ。
ピアノと読譜を独学で習得し、1946年スラム・スチュアート3のメンバーとしてニューヨークに進出する。その後、ダイナ・ワシントンの歌伴となり、’53年自己のトリオを結成する。’54年ジャズ・クラブUSAの一員としてビリー・ホリディやソニー・クラークと渡欧し、同年夏トリオを解散する。後にスラム・スチュアートやダイナ・ワシントンと再共演する。’60年からは自己のトリオで活動する。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android