コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベリル ブッカー Beryl Booker

20世紀西洋人名事典の解説

ベリル ブッカー
Beryl Booker


1922.6.7 - 1978.9.30
演奏家
ペンシルバニア州フィラデルフィア生まれ。
ピアノと読譜を独学で習得し、1946年スラム・スチュアート3のメンバーとしてニューヨークに進出する。その後、ダイナ・ワシントンの歌伴となり、’53年自己のトリオを結成する。’54年ジャズ・クラブUSAの一員としてビリー・ホリディやソニー・クラークと渡欧し、同年夏トリオを解散する。後にスラム・スチュアートやダイナ・ワシントンと再共演する。’60年からは自己のトリオで活動する。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

ベリル ブッカーの関連キーワード島津保次郎[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門記録文学日活(株)平岩弓枝アイルランド自由国帰山教正パステルナークブラジル文学

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android