ベリル ブッカー(英語表記)Beryl Booker

20世紀西洋人名事典の解説

ベリル ブッカー
Beryl Booker


1922.6.7 - 1978.9.30
演奏家
ペンシルバニア州フィラデルフィア生まれ。
ピアノと読譜を独学で習得し、1946年スラム・スチュアート3のメンバーとしてニューヨークに進出する。その後、ダイナ・ワシントンの歌伴となり、’53年自己のトリオを結成する。’54年ジャズ・クラブUSAの一員としてビリー・ホリディやソニー・クラークと渡欧し、同年夏トリオを解散する。後にスラム・スチュアートやダイナ・ワシントンと再共演する。’60年からは自己のトリオで活動する。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android