コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルギーと言語

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ベルギーと言語

北部フラマン地域のオランダ語圏、南部ワロン地域のフランス語圏に大きく分かれる。ワロン東部にはわずかだがドイツ語圏もある。首都ブリュッセルは地理的にはフラマンにあるが、住民の9割近くは仏語を話し、仏・オランダ両国語圏。政治制度も複雑で▽連邦政府・議会▽オランダ語とフランス語、ドイツ語の各言語共同体政府・議会▽フラマン、ワロン、首都ブリュッセルの各地域政府・議会から成る。連邦は外交、国防、司法などを担当。言語共同体は文化、教育を扱い、地域は経済を所管する。

(2006-10-04 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベルギーと言語の関連情報