コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルギーの言語圏

1件 の用語解説(ベルギーの言語圏の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ベルギーの言語圏

北部がオランダ語圏、南部がフランス語圏で、欧州連合(EU)や北大西洋条約機構(NATO)の本部があるブリュッセル首都圏は両言語併用地区。1830年、オランダからの独立を宣言して建国して以降フランス語が優勢だったが、第2次世界大戦後、経済成長に成功したオランダ語圏が発言力を強めて1963年に言語境界線を画定。93年に連邦制に移行し、地方政府の権限が大幅に強化された。

(2010-06-20 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルギーの言語圏の関連キーワードアフリカーンス語オランダ語オランダ坂オランダ渡りダッチ白耳義ベルギーと言語ベルギーの政党と言語別人口比右翼とメディア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone