コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルサイユ庭園 ベルサイユていえん

1件 の用語解説(ベルサイユ庭園の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ベルサイユていえん【ベルサイユ庭園】

フランスの首都パリの郊外、南西22kmのベルサイユ(Versailles)にある、ベルサイユ宮殿の広大な庭園。噴水、花壇、並木などが幾何学(きかがく)的に配置されたフランス式庭園で、多くの宮殿庭園の設計を手がけフランス式庭園の様式を完成させた、造園家のアンドレ・ル・ノートル(André Le Nôtre、1613~1700年)が設計を担当した。フランス王ルイ14世(1638~1715年)はベルサイユ宮殿を建設するに当たり、水の便の悪いベルサイユから10km離れたセーヌ川の川岸に巨大な機械を設置して、ローマの水道橋に似た水路をつくるなど、宮殿そのものよりもむしろ庭園のほうに労力と時間を投入している。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルサイユ庭園の関連キーワードベルサイユスリジャヤワルダナプラコッテパリジャンフランスパンオーベルジュCNESコペーフランスソワールレアール

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone