コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルサイユ庭園 ベルサイユていえん

世界の観光地名がわかる事典の解説

ベルサイユていえん【ベルサイユ庭園】

フランスの首都パリの郊外、南西22kmのベルサイユ(Versailles)にある、ベルサイユ宮殿の広大な庭園。噴水、花壇、並木などが幾何学(きかがく)的に配置されたフランス式庭園で、多くの宮殿庭園の設計を手がけフランス式庭園の様式を完成させた、造園家のアンドレ・ル・ノートル(André Le Nôtre、1613~1700年)が設計を担当した。フランス王ルイ14世(1638~1715年)はベルサイユ宮殿を建設するに当たり、水の便の悪いベルサイユから10km離れたセーヌ川の川岸に巨大な機械を設置して、ローマの水道橋に似た水路をつくるなど、宮殿そのものよりもむしろ庭園のほうに労力と時間を投入している。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

ベルサイユ庭園の関連キーワードカローラ KE10ハッブルの法則宇宙年齢インレー湖オーケニスブール城ケアンズ-トロピカル動物園砂漠公園ベルサイユ宮殿国後水道四国カルスト

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone