コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルテスセレス人 ベルテスセレスじんVértesszöllös man

世界大百科事典 第2版の解説

ベルテスセレスじん【ベルテスセレス人 Vértesszöllös man】

ハンガリーのブダペスト市の西約50kmにある石灰岩採掘場で,1965年に発見された洪積世中期の化石人類。ベルテッセレシュ人ともいう。ブダ文化と呼ばれる前期旧石器時代の礫器と,火を使った炉の跡もいっしょに発見されており,約40万年前のミンデル氷期の生活址と考えられている。人骨化石は2体分あり,1号は子どもの歯であるが,2号は成人男性の後頭骨である。現代人に比べて骨はかなり厚いが,大きさと湾曲の程度は現代人に近く,頭蓋腔容積は1400ccと推定されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のベルテスセレス人の言及

【プレ・サピエンス】より

…しかし,その後C.L.ブレースやW.ハウエルズなど多くの人類学者は,プレ・サピエンスの頭高が低く,骨壁が厚く,最大後頭幅が広いなどその原始的形態に注目し,プレ・サピエンスの一群をプレ・ネアンデルタールと同一視し,プレ・サピエンス説に反対している。A.トーマは1965年,ハンガリーのベルテスセレスVértesszöllösの洞窟のミンデル氷期と推定される層から発見された後頭骨(ベルテスセレス人)に,ネアンデルタール人より進んだ特徴がみられるとして,プレ・サピエンス説の復活を図ったが,失敗に終わり,今ではプレ・サピエンス説を支持する人はほとんどいない。【池田 次郎】。…

※「ベルテスセレス人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベルテスセレス人の関連キーワード山崎勇喜中間圏三大都市圏森岡紘一朗カフエ川大気イェルンベリ北海道東方沖地震ダーリノドン弾道ミサイル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android