コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルナルダン・ド・サン・ピエール Jacques‐Henri Bernardin de Saint‐Pierre

世界大百科事典 第2版の解説

ベルナルダン・ド・サン・ピエール【Jacques‐Henri Bernardin de Saint‐Pierre】

1737‐1814
フランスの作家。北フランスのル・アーブルに生まれ,夢想的情緒不安定な性格で,土木技師の資格を得ると,早くからオランダドイツポーランドロシアを歴遊し,さらには1768年インド洋上のフランス島(現,モーリシャス島)に赴き,70年まで滞在。帰国後パリでルソーを知り,その影響を強く受けた。73年処女作《フランス島紀行》の出版後,自然界のすばらしさによる神の証明を目的とした《自然の研究》の著述没頭,84年に最初の3巻を発表,成功を収めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のベルナルダン・ド・サン・ピエールの言及

【ポールとビルジニー】より

ベルナルダン・ド・サン・ピエールの小説。1788年刊。…

※「ベルナルダン・ド・サン・ピエール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベルナルダン・ド・サン・ピエールの関連キーワードセンチメンタリズムポールとビルジニール・アーブルフランス文学ロマン主義1月19日イサアクスダフニス恋愛小説ロンゴス

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android