コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルナルディヌス Bernardinus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルナルディヌス
Bernardinus

[生]1380.9.8. トスカナ,マリッティマ
[没]1444.5.20. アブルツィ,ラキラ
イタリアのフランシスコ会神学者。聖人。シエナのベルナルディヌスともいう。雄弁な説教師として有名。シエナで病人の看護に従事。原始会則派 Fratres de observantiaの指導者として,教会内外の退廃を正そうとした。 1439年フィレンツェ公会議で,ギリシア,ローマ両教会の合同をすすめた。『全集』 Opera omnia (8巻) は 1950~64年に出版された。祝日は5月 20日。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ベルナルディヌスの関連キーワードシャルルシャルルクリコボの戦いシャルル(6世)ノルウェー文学台湾の5大市長選網走川北畠顕信向嶽寺光明天皇

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android