コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルビュー宮殿 ベルビューきゅうでん

1件 の用語解説(ベルビュー宮殿の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ベルビューきゅうでん【ベルビュー宮殿】

ドイツの首都ベルリン(Berlin)の中心部、ミッテ区のティーアガルテン(市民公園)の中にある宮殿。現在は連邦大統領(Bundes-präsident)の官邸となっている。この宮殿は、1786年にプロイセンフェルディナンド皇太子のために建てられたもので、1870年9月の普仏戦争休戦協定調印の舞台ともなった。第二次世界大戦で、ドイツは1945年5月7日に、ベルリン陥落により無条件降伏し、この直前に連合軍の攻撃により宮殿は破壊されたが、再建後の1957年から大統領の第二官邸となり、さらにドイツ統一後の1994年から第一官邸となった。内部は見学できない。大統領がこの宮殿に在宮しているときには宮殿に国旗が掲げられている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルビュー宮殿の関連キーワードベルリン西ベルリン東ベルリン伯林ウンターデンリンデン通りベルリン大聖堂ベルリン・ゲームベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団ベルリン・ドイツ歌劇場管弦楽団ベルリン・ドイツ交響楽団

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone