コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルラ製材所 ベルラせいざいしょVerlan puuhiomo ja pahvitehdas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルラ製材所
ベルラせいざいしょ
Verlan puuhiomo ja pahvitehdas

フィンランド南東部のベルラ村に残る製材所。 1885~95年,火災で焼失した工場跡に建築家カール・エドアルド・ディッペルによって建てられた煉瓦造りの工場で,1964年まで操業していた。建物には当時使われていた機械がそのまま残されている。工場周辺には従業員用の住宅や宿舎,野菜畑や果樹園もあり,当時の生活をうかがい知ることもできる。 1972年博物館に衣替えし,1992年からは国家の管理下に置かれている。 1996年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android