コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルリン=シュチェチン運河 ベルリン=シュチェチンうんがBerlin-Szczecin Kanal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルリン=シュチェチン運河
ベルリン=シュチェチンうんが
Berlin-Szczecin Kanal

ベルリンからオーデル川河口のシュチェチン (ポーランド) にいたる運河。ベルリンのスパンダウから北方オラニエンブルクまではハーフェル川を利用し,ここからオーデル川沿いのホーエンザーテンまで 56kmを開削 (1914) ,あとはオーデル川を改修して利用している。全行程 750t級の船が航行でき,第2次世界大戦までは舟運も盛んであった。ハーフェル川とオーデル川を結ぶ間は,ホーエンツォレルン運河とも呼ばれたが,現在ではハーフェル=オーデル運河といわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android