ベルリン・ローマ枢軸(読み)ベルリンローマすうじく

世界大百科事典 第2版の解説

ベルリンローマすうじく【ベルリン・ローマ枢軸】

1936年11月1日,イタリアの独裁者ムッソリーニミラノで演説して,〈ローマとベルリンとの垂直線は障壁ではなく枢軸である〉と語り,そのときからベルリン・ローマ枢軸という語は,ドイツとイタリアという二つのファシズム国家の提携関係を指すのに広く用いられるようになった。もともとナチス政権出現後も,ドイツとイタリアの関係は,オーストリアの独立保障をめぐって対立していた。しかし1935年10月のイタリアのエチオピア侵略を機に,両国の接近が進んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android