コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベロノ球顆体 ベロノきゅうかたいbelonosphaerite

岩石学辞典の解説

ベロノ球顆体

長く伸びた結晶が放射状に集まって多少物質が決定できるような球顆[Vogelsang : 1872].ギリシャ語のbeloneは針,sphaeraは球の意味である.しかしスフェーライト(sphaerite)というAlの含水燐酸塩鉱物の鉱物名があり,注意を要する.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

ベロノ球顆体の関連キーワード珪長質球顆体偽球顆

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android