コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベンゾニトリル benzonitrile

世界大百科事典 第2版の解説

ベンゾニトリル【benzonitrile】

ベンズアルデヒドのような臭いをもつ無色の液体。融点-13.2℃,沸点191.1℃。水に対する溶解度は100℃で1%。アルコール,エーテルとは任意の割合でまざる。アニリンをジアゾ化して,シアン化銅(I)を作用させると得られる(ザントマイヤー反応)。加水分解すると安息香酸になる。【小川 桂一郎

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベンゾニトリル
べんぞにとりる
benzonitrile

芳香族シアン化物の一つ。ベンゼンの水素原子1個をシアノ基に置換したもの。シアノベンゼン、シアン化フェニルともいう。甘い香りの無色の液体。水に難溶、有機溶媒に可溶。安息香酸とアンモニアを気相で高温のアルミナ触媒上で反応させて製造する。ベンズアルドキシムの脱水でも得られる。還元すればベンジルアミンを与え、加水分解すれば安息香酸を生じる。溶剤、プラスチック原料、建染め染料の合成原料などに用いられる。[加治有恒]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ベンゾニトリルの関連キーワードベンゾニトリル(データノート)ベンズアルデヒドフェーリングニトリル

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android