コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベンチャー・ビジネス

世界大百科事典 第2版の解説

ベンチャー・ビジネス

知識集約的で創造的な中小企業をいう。venture businessは和製英語であり,1970年に中村秀一郎と清成忠男が独自の概念構成を行った。すなわち,高い専門能力を有する企業家的人材が自分の能力を発揮するために大企業から飛び出し,リスクを引き受けて創造的に展開する事業である。アメリカでは,こうした企業をhigh potential venture,new growth ventureなどと呼んでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のベンチャー・ビジネスの言及

【コングロマリット】より

…このような代表例としては,テレダイン社Teledyne,Inc.やLTV社があげられる。テレダイン社は,1960年代に創設され,ベンチャー・キャピタル(ベンチャー・ビジネス)であるアーサー・ロック社から投資を受けるとともに生命保険会社を乗っ取り,ついで当該生命保険会社の資金を活用してつぎつぎに大企業の経営権を取得した。その結果,数年にして《フォーチュン》誌の全米上位500社にランクされる企業にまで拡大した。…

※「ベンチャー・ビジネス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ベンチャー・ビジネスの関連キーワードsmall business奈良先端科学技術大学院大学ベンチャーキャピタリストエイチ・アイ・エス[株]オープン・イノベーションベンチャー・キャピタルビジネス・エンジェルベンチャーキャピタル中小企業基盤整備機構ベンチャー・ビジネスベンチャービジネス大学発ベンチャー社内ベンチャー知識集約型産業エンジェル税制産業革新機構京セラ(株)中小企業金融社内公募制度リース産業

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android