コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベン・ハー Ben Hur

世界大百科事典 第2版の解説

ベン・ハー【Ben Hur】

アメリカの弁護士・政治家・作家のウォーレスLew(is) Wallace(1827‐1905)作の小説。1880年刊。イエスの時代のベツレヘムでのこと,ユダヤの若い貴族のベン・ハーが要人殺害計画のぬれぎぬを着せられてガレー船に送り込まれたり,友人と思い込んでいた男の計略にのせられるが危うく難を逃れるなど,数奇な運命ののち初めて,イエスの存在を信じるようになる,という物語。出版と同時に英米で爆発的な売行きを見せ,数ヵ国で翻訳が出版された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ベン・ハーの関連キーワードウォーレス(Lew(is) Wallace)メトロ=ゴールドウィン=メイヤージェームズ キャメロンチャールトン ヘストンマイクロス ロージャギャレット ダットンチルコマッシモアカデミー賞マーナ ロイキャメロンベン・ハーウォレスワイラー東欧映画ヘストン幸田夏穂フライ土田大MGMロイ

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベン・ハーの関連情報