コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベースアップ(ベア)

2件 の用語解説(ベースアップ(ベア)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ベースアップ(ベア)

企業の賃金カーブに基づいて、年齢に応じて賃金がおおむね増えていく定期昇給(定昇)に対し、賃金カーブそのものを底上げする増額方式がベースアップ。好調な収益を従業員に息長く還元したり、インフレによる所得の目減りを調整したりする効果がある。不況やデフレに伴い、90年代半ばごろから経営側は人件費総額が増えるベアを拒むようになり、一方の労働組合側も要求そのものを見送る流れが続いてきた。

(2006-01-12 朝日新聞 朝刊 2総合)

ベースアップ(ベア)

年齢や勤続年数に応じて企業が定めた賃金の一覧表を書きかえ、社員の賃金を一律に引き上げること。かつては物価の上昇にあわせて毎年のように実施されていたが、物価が下がる「デフレ」になってからは難しくなっている。

(2013-03-05 朝日新聞 朝刊 5総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベースアップ(ベア)の関連キーワード生命表賃金カット定昇生活給定期昇給最低賃金審議会出来高払い年功制定昇、ベア、賃金改善モデル賃金年功序列賃金統計賃金格差定昇年功序列型賃金定期昇給制度賃金表ベース・アップ年功序列と成果主義自動昇給

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone